トップページ > 製品情報 > LAN・ネットワーク > 光メディアコンバータ・SFP・XFP > SFP(Mini-GBIC)

SFP(Mini-GBIC) 光メディアコンバータ

SFP(Mini-GBIC)

SFPとは?

SFP(Small Form Factor Pluggable )は、1000Base-T/SX/LX/ZXの通信を行う際に通信機器側に実装する物理層の仕様を着脱可能な形でまとめたモジュールです。
SFPは同様な用途の GBIC(Gigabit Interface Converter)と比較して大きさが半分以下と小型なことからmini-GBICとも呼ばれています。

  • ■ネットワーク機器のSFPポートに挿入して光信号に変換するモジュール。
  • ■2芯のLCコネクタ付き光ファイバケーブルを接続し、長距離での高速通信を可能に。
  • ■SX(MMF)、LX(SMF)、1000BASE-Tの3種類をラインナップ。
  • ■工場出荷時に全品動作チェックを行う万全の品質体制。
  • ■リンクダウンの原因となる光ファイバケーブルの汚れを除去する専用クリーナー付き。
  • ■通電中のプラグイン/プラグアウトが可能なホットスワップ機能対応。
使用例

ギガビットスイッチ等のネットワーク機器のSFPポートにSFPを挿入し、光ファイバケーブルで接続します。
シスコ(SX)他、各メーカーに対応しています。

製品一覧

RoHS 6・10

1000BASE SX

SFP Gigabit用コンバータ

(税抜き ¥8,200)

コネクタ 対応ファイバコア径 波長
機器側/SFPポート、
ネットワーク側/LCコネクタ(デュプレックス)
50/125ミクロン・
62.5/125ミクロン
850nm

RoHS 6・10

1000BASE LX

SFP Gigabit用コンバータ

(税抜き ¥8,300)

コネクタ 対応ファイバコア径 波長
機器側/SFPポート、
ネットワーク側/LCコネクタ(デュプレックス)
9/125ミクロン・
10/125ミクロン
1310nm

RoHS 6

マルチモード

1000BASE SX

SFP(mini GBIC)コンバータ

コネクタ 対応ファイバコア径 波長
機器側/SFPポート、
ネットワーク側/LCコネクタ(デュプレックス)
50/125ミクロン 850nm

関連一覧

TOPへ戻る
仕様を見る