トップページ > 製品情報 > 周辺機器 > USBハブ > セルフパワー/バスパワーとは

セルフパワー・バスパワーとは?

セルフパワーとバスパワーの違い

USBハブにはセルフパワー・バスパワー両方で使えるタイプや、バスパワー専用のものがあり、接続する機器や目的を考慮してお選びいただけます。では、セルフパワーとバスパワーは具体的にどのような特徴・違いがあるのでしょうか。

消費電力の大きい機器を接続できる、セルフパワー

周辺機器あるいはUSBハブ自体が、専用のACアダプタを通して電源供給を受ける場合をセルフパワーと言います。
コンセントからの電源供給になるため、安定した電源供給が可能です。外付けハードディスクやCD/DVDドライブなどの消費電力が大きい機器を接続することができます(消費電力500mA以下)。

<接続機器の例>
外付けハードディスク、プリンタ、スキャナ、CD/DVDドライブ、携帯充電器など

ACアダプタから電源供給
セルフパワー専用 USBハブ

コンセント要らずでモバイルに便利な、バスパワー

パソコン側のUSBポートから電源供給を受けることで、接続機器が動作する場合をパスパワーと言います。
ACアダプタが不要なので、コンセントを探す必要もなく持ち運びに便利です。マウス、キーボードなどの消費電力が少ない機器を接続するのに適しています(消費電力100mA以下)。

<接続機器の例>
マウス、USBメモリ、キーボード、ゲームパッド、テンキーなど

USBポートから電源供給
バスパワー専用 USBハブ

セルフパワー/バスパワー両対応のUSBハブ

サンワサプライでは、セルフパワーとバスパワー両方に対応したUSBハブも数多く取り扱っております。
商品電力の大きい機器を接続したい時は、付属のACアダプタを使用すれば安定した電源供給ができます。持ち運びたい場合やコンセントの無い場所で使いたい場合は、ACアダプタを使わずに手軽にUSBポートを増設することができます。
様々なシーンに合わせた使い方が可能です。

セルフ/バスパワー両対応 USBハブ
USBハブ一覧はこちら