トップページ > 製品情報 > LAN・ネットワーク > LANケーブル > クロスケーブル

LANケーブル(クロスケーブル)

LANケーブル

選び方のポイント

ポイント1 規格の違い

  カテゴリ7A カテゴリ7 カテゴリ6e カテゴリ6 カテゴリ5e
通信速度 10Gbps 10Gbps 10Gbps 1Gbps 1Gbps
伝送帯域 1000MHz 600MHz 500MHz 250MHz 100MHz
特長

カテゴリ5eの10倍、カテゴリ6の4倍の転送帯域を実現。10ギガビットイーサネットに完全対応。

次世代10ギガビットイーサネットに完全対応。ノイズにも強い最強LANケーブル。

次世代10ギガビットイーサネットに対応。カテゴリ6の2倍の転送帯域を実現。

エンハンスドカテゴリ5の2.5倍の伝送帯域250MHzを実現。

1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-Tに対応したカテゴリ5のLANケーブル。

ポイント2 単線・より線の違い

LANケーブルの中には8本(4本)の芯が通っています。ケーブル内の1つの芯の構造を指して「単線」「より線」と読んでいます。
「より線」は1芯が7本の細い銅線で構成されています。この構造により「単線」と比べ柔らかくて取り回しやすくなっています。
「単線」は1芯が1本の銅線となっており、安定した通信が可能です。10mを超える長いケーブルでは「単線」を使用することをオススメします。

単線・より線の違い 説明図

ポイント3 対ノイズ性能

STPケーブルは一般的なUTPケーブルと異なり、ケーブルにシールド加工がなされているので、内部ノイズに強い構造となっています。(外部ノイズには効果がありません。)
しかし、カテゴリ7ケーブルはScTPと呼ばれる2重シールド構造を持っており、外部・内部双方のノイズを遮断し、通信エラーの起こりにくい、より安定した高速データ通信を実現しています。
サンワサプライでは国際規格にも適合した電波測定施設を使用し、LANケーブルにおけるノイズの影響を常に研究しています。

▲ページの最初へ戻る

LANケーブル比較表はこちら 速度・形状・長さ・グレードでケーブルを選ぶ
  • カテゴリ6クロスケーブル
  • カテゴリ5eクロスケーブル
カテゴリ6

クロスケーブル クロス結線のカテゴリ6LANケーブル。

フラット 隙間やカーペットの下に配線するときに便利な薄型クロス結線のカテゴリ6LANケーブル。

KB-FL6-01BKCの製品写真
KB-FL6シリーズ
ブラックホワイト
より線(0.5m〜10m)
スリムコネクタラッチカバー

 

カテゴリ5e

クロスケーブル クロス結線のカテゴリ5eLANケーブル。

対ノイズ性能【二重シールド(ScTP)】
ノイズに強い最強のLANケーブル。各4対のペアと外周をそれぞれシールドする「二重シールド」構造でさまざまなノイズを防ぎ、高速伝送を可能にします。
対ノイズ性能【二重シールド(ScTP)】
対ノイズ性能【ノイズビート】
STPケーブルをさらにノイズビートテープで加工した、ノイズ対策万全のケーブル。
対ノイズ性能【STP】
シールドでカバーしているノイズに強いLANケーブルです。
対ノイズ性能【STP】

▲ページの最初へ戻る