トップページ > ピックアップコンテンツ(特集) > Quick Charge(クイックチャージ)とは

Quick Charge(クイックチャージ)とは

高速充電が可能なQuick Charge

Quick Charge(クイックチャージ)とは、米国Qualcomm(クアルコム)社が開発したスマートフォン・タブレットを高速で充電できる規格です。通常のUSB充電よりも速く充電でき、例えばQuick Charge 2.0(※)充電規格であれば、USB充電の約3倍も速くスマートフォンのフル充電ができます。
通常のUSB充電では5V電圧を使用しますが、Quick Charge 2.0充電規格の場合は、5V/9V/12V/20Vの4段階の電圧を使用しています。通常の5Vよりも大きい電圧を使って充電できるので、急速充電が可能となります。
使用する電圧は、充電器が自動でスマートフォンの対応・非対応を判別するため、面倒な設定をする必要はありません。例えば、Apple iPhone・iPadなどのQuick Chargeに対応していないスマートフォン・タブレットを充電器に接続する場合は、通常通り5V電圧を使用してUSB充電を行います。
※Quick Charge 2.0のことをドコモでは「急速充電2」と呼んでいますが、仕様は全く同じです。

Quick Chargeロゴケーブル差し込み口

Quick Chargeって普及は進んでいるの?

Quick Charge 2.0はAndroid端末を中心に普及が進んでいます。対応機種はソニーモバイルXperia(TM) Z5、SAMSUNG Galaxy S7などを含む最新のAndroidスマートフォン全般に及びます。
Quick Charge対応機器を使えば大幅に充電時間を短縮できるので、急いで充電したい場合に便利です。

Quick Charge対応だと、充電時間は速くなる?

例えば、Quick Charge 2.0対応のUSB充電器と従来の5V/1AのUSB充電器を比較すると、Quick Charge対応の場合は従来より約1.8倍も速く充電することができます。
また、Quick Charge非対応機種と比較した場合、Quick Charge 3.0は約4倍もの速度で充電することができます。(充電比率80%程度までの充電を想定)
Quick Charge対応機器を使用すれば、大幅に充電時間を短縮できます。

各規格のデータ転送速度の比較

  • ※1:バッテリー容量が約2900mAhのQualcomm(R) Quick Charge2.0対応スマートフォンを使い切った状態から電源OFF状態で60分間の充電速度比較です。
  • ※2:弊社製microUSB充電器(5V/1A)と比較した場合の当社試験結果に基づく目安です。

Quick Chargeの対応端末を調べるには

端末がQuick Chargeに対応しているかどうかは、以下「Quick Charge2.0 スマートフォン・タブレット一覧表」をご確認ください。

Quick Charge 2.0 スマートフォン・タブレットー覧表

Quick Charge対応製品ラインナップ

ACA-QC46CBK
Quick Charge 3.0対応の、
USB Type Cケーブル一体型急速AC充電器
ACA-QC46CBK(ブラック)
ACA-QC46CW
Quick Charge 3.0対応の、
USB Type Cケーブル一体型急速AC充電器
ACA-QC46CW(ホワイト)
ACA-QC43CUBK
Quick Charge 3.0対応ポートと、
USB Type Cポートを搭載したAC充電器
ACA-QC43CUBK
(税抜き ¥4,700)
ACA-QC42MBK
Quick Charge 2.0対応の、
microUSBケーブル一体型速AC充電器。
ACA-QC42MBK(ブラック)
ACA-QC42MW
Quick Charge 2.0対応の、
microUSBケーブル一体型急速AC充電器
ACA-QC42MW(ホワイト)
USB-CVDK2
Quick Charge2.0対応のUSB3.1Type-C
ポートを搭載したドッキングステーション
USB-CVDK2 (税抜き ¥38,800)

USBケーブル 製品一覧はこちら

おすすめ関連製品

ピックアップコンテンツ

ページの最初へ戻る
閲覧履歴を見る

ページトップへ