トップページ > 製品情報 > デスク・ラック > サーバーラック・ハブ収納ボックス > サーバーラックの選び方

サーバーラックの選び方

サーバーラックの選び方

種類と用途で選ぶ

STEP1サーバーの種類を確認

「19インチラックマウント型」と「据え置き型」の2種類に分類できます。
お手持ちのサーバーの形をご確認ください。

19インチマウント型

【19インチマウント型】

EIA規格で定められた規格に沿って作成されているサーバーです。

据え置き型

【据え置き型】

パソコンのような形で据え置いて使うサーバーです。
用途に合わせて様々な形があります。

STEP2ラックの種類・サイズを選定
(設置場所、収納量の確認)

CP-SVN3690GYN

【組み立て簡単タイプ】

少人数での組み立てが可能。
サーバーの設置コストを低減できます。

CP-SVN3610MGYN

【メッシュタイプ】

効率の良い熱対流で
理想の自然換気を実現。
優れた放熱効果の熱対策
ラックです。

ER-60N

【ラックタイプ】

パソコンラックと同様の使い方が可能。
中棚付きなら据え置き型も同時に収納できます。

CP-SBOX1

【ボックスタイプ】

デスク下や横に設置できる
省スペースタイプ。

STEP3セキュリティ・放熱対策・
ラック内部環境の選定

セキュリティを重視する場合はクローズ式をおすすめしますが、環境によっては熱処理が必要な場合がございます。

RAC-SV18U

【オープン式】

CP-SVN3690GYN

【クローズ式】

※放熱処理
クローズ式はラック内部が高温になり、サーバーに悪影響を及ぼす場合がありますので、オプションの放熱ファンなどを導入してください。

STEP4地震対策・その他オプションの選定

サーバーには大切な情報が蓄積されています。万が一の事態に備えて、地震対策が必要です。
そして、ケーブル処理など、機器設置をサポートする豊富なオプションもご用意しています。
詳細は各製品のページにてご確認ください。

耐震グッズはこちら
サーバーラック検索
TOPへ戻る
仕様を見る