トップページ > ピックアップコンテンツ(特集) > マイナンバー制度のためのセキュリティ製品のご紹介

マイナンバー制度のためのセキュリティ製品のご紹介

2017年5月30日に個人情報保護法が改定!!マイナンバーなどの情報管理は万全ですか?

個人情報保護法の改正後はどうなるの?

個人情報保護法が改正され、2017年5月30日に施行されました。改正前は、5,000人を超える個人情報を保有する事業者のみが個人情報保護法の適用対象でしたが、改正後はこれまで個人情報保護法の対象ではなかった小規模事業者も対象となりました
もし、多くの個人情報を含むマイナンバーが漏洩(漏えい)して不正利用されると、今までの個人情報とは比べ物にならないリスクがあります。
また、改正後はマイナンバーのみではなく、顔画像データ、認証用指紋データ、運転免許証番号、パスポート番号、基礎年金番号、保険証番号など 様々な情報を慎重に取り扱う必要性もあります。情報漏洩(漏えい)を防ぐため、セキュリティ対策の強化が今すぐ必要です!

マイナンバー制度とは?

国民1人ひとりが持つ12桁の個人番号のことです。2015年10月に住民票の住所にマイナンバーが通知され、2016年1月からは、社会保障、税、災害対策の行政機関への提出書類にはマイナンバーが必要になりました。年金や保険料、所得税の照会が簡単にできたり、支給されるカード1枚で年金手帳・健康保険証・介護保険証として使えるなど、国民にとって利便性が高まっています。

どのようなセキュリティ対策が必要?

外部からの攻撃による漏洩(漏えい)対策はもちろんですが、内部からの不正持ち出し・盗難・紛失対策も重要です。
外部要因としては、サイバー攻撃や不正プログラム(ウイルス、スパイウェアなど)、不正アクセスなどがあります。内部要因としては、書類・資料 をコピーして持ち出したり、USBメモリやスマートフォンなどでの情報の抜き取り、機器の盗難などが考えられます。
個人情報保護法の改正に伴い、マイナンバーなどの個人情報のセキュリティ対策に最適な製品をサンワサプライがご紹介いたします!

不正アクセスやデータの漏洩を防ぐ

生体認証によるログイン制限で、マイナンバーなどの情報漏洩を防止

指紋・静脈認証装置

マイナンバー制度の施行に伴い、組織の内部統制や情報漏洩(漏えい)対策への対応として、システムへの不正アクセスやなりすましを防止することが必要不可欠です。

この装置は、ファイルやフォルダを暗号化して指紋認証で簡単に本人認証ができ、ログインすることができます。ID・パスワードを覚えておく必要がなく、重要なデータの管理に非常に最適です。情報システムの入口でアクセスを制限し、マイナンバーなどの重要な情報を強固に守ります。

FP-RD3の画像

指紋認証リーダー

指紋認証でセキュリティ対策。パソコンの不正使用、個人情報・データの盗難から守る小型指紋認証リーダー。

FP-RD3

(税抜き ¥14,800)

指紋認証で、パソコンの不正使用や個人情報・データの盗難から守ります。WebサイトのIDパスワード入力の代わりに、指紋認証で簡単ログインでき、指紋認証でアカウント情報が自動的に呼び出されるので、ID・パスワードを覚えておく必要がありません。
重要なファイルやフォルダを暗号化できるので、登録者以外には内容が見えず、データをハッキングから守ることができます。

マイナンバー制度に備えたおすすめ製品

その他の指紋・静脈認証装置はコチラ

パソコンやデータをロックし、マイナンバーなどの情報漏洩を防止

セキュリティソフト付きUSBメモリ

サンワサプライ製のUSBメモリには全て「セキュリティソフト」が付属しているので、セキュリティを強化でき安心です。

パスワードを入力するだけでデータを暗号/復号化することができ、重要なデータを安心して持ち歩ける機能や、”カギ”化したUSBメモリをパソコンに抜き挿しするだけで、簡単にパソコンのロック/解除ができる機能が可能になるソフトです。

セキュリティソフト付きUSBメモリの画像

マイナンバー制度の対策に最適!2種類のセキュリティソフト付き

ソフト1:
USBメモリを紛失しても安心な「LBファイルロック2」

操作したいデータやフォルダをプログラムのアイコンにドラッグ&ドロップして、パスワードを入力するだけでデータを暗号/復号化できます。ソフトのインストールや管理者権限も必要ありません。データを暗号化することで重要な情報も安心して持ち歩くことができます。

USBメモリを紛失

ソフト2:
USBメモリがパソコンの”カギ”に変身「LBファイルロック4」

サンワサプライ製USBメモリをパソコンの”カギ”に設定できます。カギを持たない第三者はパソコン操作ができなくなります。
さらにカギの紛失や盗難に備えた合鍵の作成機能や、パソコンロック時の不正操作をサイレン音で威嚇する機能も搭載しています。

パソコンの情報が盗まれるかも

セキュリティソフト付きUSB3.0対応USBメモリ

超高速USB3.0に対応したキャップを後ろに取り付けられ紛失しにくいUSBメモリ。16GB。

UFD-3U○GWNシリーズ

USB3.0に対応した高速USBメモリです。本体にもキャップにもストラップが取り付けられる便利な構造で、外したキャップを後ろに取り付けられるので、紛失する心配がありません。Windows&Mac両対応です。
ライフボート製セキュリティソフト「LBファイルロック2」「パソコンロック4」が付いているので、マイナンバーの情報漏洩(漏えい)対策に活用できます。

マイナンバー制度に備えたおすすめ製品

その他のセキュリティUSBメモリはコチラ

メディアポートをふさいで、マイナンバーなどのデータ持ち出しを防止

ポートセキュリティ

マイナンバー制度に伴い、パソコンを扱う上で最も気をつけておきたいのが盗難やデータ持ち出しのリスクです。
特に個人情報などのデータを保存している場合には、パソコン用のロック用品を使いましょう。情報漏洩(漏えい)から守るために、USBポートやカードスロットなどの接続部分をふさいでロックすることで、データの抜き取りなどを事前に予防することができます。

追加オプションの取り付け部品があるタイプもあるので、豊富なラインナップから目的や用途に合った製品を選びましょう。

SL-46-BLの画像

USBコネクタ取り付けセキュリティ

USBポートをふさいで、データを守る。USBコネクタ取付けセキュリティ。

SL-46シリーズ

(税抜き ¥3,980)

USBパソコンのポートをふさぐことで、マイナンバーなどの重要データがパソコンから抜き取られることを防ぎます。

より小さく折りたたむことができるコンパクトタイプ。
追加の取り付け部品のオプションもあります。

マイナンバー制度に備えたおすすめ製品

その他のポートセキュリティ製品はコチラ

カードのスキミングを防ぐ

スキミング防止ケースに入れて、カード情報の漏洩を防止

スキミング防止ケース

スキミングとは、「スキマー」というカード情報を読み取る特殊な装置を使い、他人のクレジットカードやキャッシュカードから情報を抜き取って偽造カードを作成、現金を不正に引き出す行為のことです。
クレジットカードやキャッシュカード、ICカードなど、カードでの支払いが当たり前になった現代、スキミング対策は必要不可欠です。スキミング防止ケースを使い、日頃から危機意識を持ちましょう。

SL-63の画像

スキミング防止カードケース

カード情報を盗み取るスキミングからカードを守るスキミング防止機能付きカードケース。

PDA-IDSG1BR[廃止方向] 

このケースは、内部にスキミングを防止する日本製のスキミング防止フィルムを採用しています。カードを約6枚収納できるので、スキミングを防止しながらカードケースとして普段から使用できます。
本体生地には高級感のある本革のような質感のPU(ポリウレタン)レザーを使用しています。

マイナンバー制度に備えたおすすめ製品

その他のスキミング防止ケースはコチラ

パソコンの盗難を防ぐ

頑丈なワイヤーとダイヤル錠で、パソコンバッグの盗難防止

セキュリティバッグ

外回りや出張などで、バッグを置いたまま目を話したり離席したりする際は、盗難に合うことがあります。
中でもビジネスバッグは、パソコンや社外秘の資料など様々な情報や機密事項がぎっしり入っているため、管理・盗難防止の対策は強化しなければなりません。
セキュリティワイヤーやファスナーロック付きのビジネスバッグを使用すれば、マイナンバーなどの重要な情報漏洩(漏えい)対策に役立ちます。

BAG-SL01BKの画像

セキュリティビジネスバッグ

自立して書類が整理できるダブルルームタイプの鍵付きビジネスバッグ。
15.6インチワイド対応。

BAG-SL01BK[廃止方向] 

(税抜き ¥19,000)

セキュリティワイヤーとダイヤル錠が付属しているので、柱などに固定すれば離席する際も安心です。また、ファスナーが開かないよう固定できるファスナーロックも搭載。大切な書類・パソコンを盗難から守ります。
書類などを整理して収納できるジャバラ式の書類入れは、A4ファイルが縦に入る深めの設計になっています。15.6型ワイドまでのパソコンが余裕で入るダブルルーム仕様です。

マイナンバー制度に備えたおすすめ製品

その他のセキュリティバッグはコチラ

頑丈なワイヤーをパソコンに繋いで盗難防止

セキュリティワイヤー

パソコンは、数多くの重要な情報や機密事項であふれています。会社でも個人でも、パソコンの管理・盗難防止の対策は非常に重要です。
このセキュリティワイヤーは、金属線でできた強力なワイヤーをパソコンに接続し、デスクの脚やラックのフレームなどに巻き付けて固定することで大切な機器を盗難から守ります。
マイナンバーなどの重要な情報漏洩(漏えい)対策に、最適な製品です。

SL-63の画像

ピッキング防止ディスクシリンダーセキュリティ

ディスクシリンダータイプのセキュリティ。パソコンを盗難から守る。

SL-63

(税抜き ¥4,980)

ピッキングでは簡単に開錠できない、安心のディスクシリンダータイプです。ノート・デスクトップパソコンのセキュリティスロットに簡単に取り付けることができます。
別途マスターキーを購入することで、マイナンバーなどの重要な情報が入った複数台のパソコンを、1つの鍵でまとめて管理できます。

マイナンバー制度に備えたおすすめ製品

その他のセキュリティワイヤーはコチラ

パソコン画面の覗き見を防ぐ

周りからは画面が見えなくなるフィルターを貼る

覗き見防止プライバシーフィルター

乗り物での移動中や出張先などでパソコンを開く際、周りからの視線が気になることはありませんか?セキュリティ面でも不安になり、パソコン操作に集中できなかったり中断する人も居るのではないでしょうか。

このフィルターを画面に貼り付ければ、外からは画面が真っ黒に見えるため、マイナンバーなどの情報漏洩(漏えい)を防ぐことができます。周りからの視線を気にすることなく安心してパソコン操作に集中できます。

覗き見防止フィルターの画像

覗き見防止プライバシーフィルター

のぞき見防止フィルター(15.6型ワイド)

CRT-PF156WT

(税抜き ¥14,080)

左右からの画面の覗き見を防ぎます。反射防止(AG加工)で画面への映り込みを防止するので、正面のパソコンを使う人だけ画面を見ることができます。
会社・病院の受付や、出張先、移動中など、様々な人が行き交う場所で、マイナンバーなどの情報漏洩(漏えい)を防ぐことができます。

覗き見防止はもちろん、ホコリ・指紋・キズからも液晶画面を守ります。

マイナンバー制度に備えたおすすめ製品

その他の覗き見防止プライバシーフィルターはコチラ

間仕切りとしても使えるパーティションで覗き見を防止

パーティション

マイナンバーなどの重要な個人情報を取り扱う部署では、情報漏洩 (漏えい)を防ぐため、周囲から簡単にディスプレイ画面が確認できないようにするセキュリティ対策が必要です。

パーティションは間仕切り・衝立として使える移動式の障壁で、設置するだけで室内をカンタンに区切ることができます。部屋の工事などは必要なく、手軽にセキュリティ性の高いワークスペースを構築できるのでおすすめです。

パーティションの画像

シンプルで軽快なパーティション

ポリカーボネート製パネルを使用した、シンプルで軽快なパーティション。

SPT-0816N

(税抜き ¥18,800)

間仕切りとしても使えます。
乳白色のパネルなので部屋が暗くなることがなく、また、高さを抑えているので圧迫感もありません。
脚部がフラットでかさがなく、邪魔になりにくいデザインになっています。

マイナンバー制度に備えたおすすめ製品

その他のパーティションはコチラ

書類の不正コピーや盗撮を防ぐ

コピーや盗撮されたことがはっきり分かる特殊用紙を使う

セキュリティ用紙

原本をしっかり管理したい社内書類や、社外秘の書類など、コピーを防止したい書類の管理は万全でしょうか?
また、スマートフォン・携帯電話が普及し、カメラ撮影が誰でも手軽にできるようになった現代、無断で撮影される恐れもあります。

この用紙・シールは、そのような機密書類の不正コピーや盗撮などを防ぐことができます。マイナンバーなどの情報漏洩(漏えい)対策を強化するためにも活用しましょう。

セキュリティ用紙の画像

セキュリティ用紙

マルチタイプコピー偽造防止用紙(A4、100枚入り)

JP-MTCBA4

(税抜き ¥1,100)

この用紙で印刷したものをコピーすると、コピーしたものに「コピー」「COPY」の文字が浮き出て、コピーしたことがはっきり判別できます。原本をしっかり管理したい社内書類や社外秘の書類など、コピーされたくない書類に最適です。また、チケットやクーポンなど、偽造防止したいものへの使用にもおすすめ。
用紙自体にはブルーの色がついており、この用紙をコピーした際浮き出てくる「コピー」「COPY」の文字が地模様として入っています。
マイナンバー制度に伴い、社内書類のセキュリティ対策をさらに強化できます。

マイナンバー制度に備えたおすすめ製品

その他のセキュリティ用紙はコチラ

個人情報が記載された媒体を粉砕破棄し、ゴミ箱からの情報漏洩を防止

シュレッダー

シュレッダーを使用すれば、マイナンバーなどの個人情報が印刷された書類を安全に処分することができます。

シュレッダーはセキュリティ対策が必要な書類を、復元が困難になるほど細かく切断することで、機密情報の漏洩(漏えい)を防ぎます。
切断方法は、直線的にカットするストレートカットと、縦・横両方向からカットするクロスカットがありますが、業務用シュレッダーの場合は、よりセキュリティ性の高いクロスカットが採用されています。
また、CD・DVDをカットできるタイプもあります。

シュレッダーの画像

ペーパー&CDシュレッダー

用紙、DVD、CD、クレジットカードが細断可能なマイクロカットペーパー&CDシュレッダー

PSD-AA6212

用紙の細断形状はセキュリティ性の高い2×12mm微細マイクロクロスカットです。A4コピー用紙最大6枚とDVDまたはCD、クレジットカード1枚が細断できます。
オートスタート/ストップモード機能搭載。投入口に紙が投入されると自動的に細断。終了すると自動的に停止します。
小さなお子様のいるご家庭でも使用できる、チャイルドロック機能付き。

マイナンバー制度に備えたおすすめ製品

その他のシュレッダーはコチラ

パソコンを一括収納・管理して守る

頑丈な鍵付きボックスに機器をまとめて収納

機器収納ボックス

複数台のパソコンやタブレット、USBメモリなどの機器を、一括で収納・管理できます。
収納したまま機器の充電・同期が可能なタイプもあります。

マイナンバー情報だけでなく、大切な会社・個人情報を機器ごと奪われないためにも、セキュリティ対策を強化して機器の管理・収納から徹底しましょう。

機器収納ボックスの画像

機器収納ボックス

電子暗証番号ロック付き個別収納キャビネット

CAI-CAB47

(税抜き ¥258,000)

5つの扉それぞれに電子暗証番号ロックが付いた、5段収納キャビネット。
本体内部にはACコンセント、USBポートが一つずつ付いており、ノートパソコンやタブレット、スマートフォンを充電できます。
盗難防止用のセキュリティワイヤーを通すフックもあります。

マイナンバー制度に備えたおすすめ製品

その他の機器収納ボックスはコチラ
ページの最初へ戻る
閲覧履歴を見る
ページの最初へ戻る
閲覧履歴を見る