トップ > 製品情報 > 周辺機器 > 切替器・分配器・コンバーター > 分配器 > SW-U2

添付ソフトで離れた場所から切替器を操作できるUSB2.0切替器(2:1)

SW-U2 / USB2.0切替器(2:1)

画像を拡大

SW-U2の画像を表示しています。

USB2.0切替器(2:1)

製品品番

SW-U2 廃止

JANコード 4969887591543
標準価格 (税抜き \4,280)
  • お問い合わせ
  • 取扱・組立説明書
  • ダウンロード
  • Q&A
メイン
特長
特長
特長
背面
仕様
パッケージ

製品詳細

特長特長

  • 2台のパソコンでプリンタなどのUSB周辺機器を切替えて共有できます。
  • 添付ソフトで接続された各パソコンから切替え操作ができます。
  • USB2.0に対応しておりUSB2.0に対応した周辺機器のスペックを最大限発揮できます。
  • 設置に便利な縦置きスタンド付きです。
  • 切替えボタンによる手動切替えも可能です。

  • <USB切替器使用時の注意点>
    ※パソコン-切替器-USB機器間の総合計が5m以内になるように設置してください。
    ※全てのUSB機器を使用できますがUSBハードディスクやUSB接続のDVD-Rドライブなどを使用する際は切替える際に必ず「ハードウェアの取外し」でデバイスの使用を停止してから切替えてください。データ通信時に切替えた場合、データの破損・機器の故障の原因になります。
    ※USBスキャナーやスキャナー機能を搭載した複合プリンタはUSB切替器経由では正常に認識できないことがあります。

仕様仕様

インターフェース USB仕様 Ver.2.0準拠(USB仕様 Ver.1.1上位互換)
コネクタ USB Aコネクタ メス×1(周辺機器側)
USB Bコネクタ メス×2(パソコン側)
切替内容 パソコン2
周辺機器への最大供給電力 400mA
動作時温度 0℃〜40℃
保管時温度 −20℃〜60℃(結露なきこと)
サイズ W57×D22×H96mm(本体サイズ)
重量 75g
付属品 USB2.0対応USB接続ケーブル(1.8m)×1
スタンド、ドライバCD、取扱説明書・保証書
※パスパワータイプのスキャナーなどは電源の供給問題のため正常に利用できないことがあります。
※一部のパソコンにおいて終了時にポートを固定してしまう機種があります。この場合、切替器のスイッチを長押しすることでポートを開放することができます。
※USB2.0・USB1.1いずれの場合でもUSB機器や環境の差、USBケーブルの品質の差によっては正常に作動しない場合があります。

対応機種対応機種

対応機種 DOS/V(Windows搭載)パソコン
対応OS Windows Vista・XP・2000・Me・98SE・98
※「USB切替器 Q&A 知って得する豆知識」はこちら→(リンク)
この製品の画像をダウンロード

よくある質問よくある質問(Q&A)

selectスイッチがAUTOになっていれば、自動的に印刷かけたPCが優先されますか?

2011/01/21

ドライバはインストールされた状態で、かつタスクバー上のアイコンが印刷できる状態(黄色)であれば優先されて印刷が出来ます。
続きを読む

添付の切替ソフトがインストールできない

2010/01/28

添付の切替ソフトはコンピュータの管理者権限が必要です。 必ず管理者でログインしてください。 企業等でご使用で不明な場合はシステム管理者の方にご相談ください。
続きを読む

切替するたびに、「デバイスの取り外しの警告」メッセージがでる。

2008/12/10

正常に切替は出来て、プリンタ内に「何種類かのメディアを読み込める機能」がある場合、 そういったメッセージが出る場合があります。(例:エプソンPX-A640など) 切替時=PC終了時に警告がでて
続きを読む

切替えられない、印刷できない、不明なデバイスになる

2008/12/04

切換や印刷でできない原因のひとつにケーブルが長い場合があります。 パソコンからUSB機器までのケーブルを4.5m以内の短いものに変更してお試しください。 4.5m以上になると、信号の減衰などで
続きを読む

使用中、全てのPCのタスクバーの表示が赤の状態になり切替できなくなった。

2008/11/18

全ての機器を一度外して、再接続&再起動してみて下さい。
続きを読む

よくある質問をもっと見るよくある質問をもっと見る

お客様のご感想お客様のご感想


chuunuchiさん   投稿日:2006/04/27
PCからの切り替えの時間? にちょっとズレがある。 Macにも対応して欲しい


TOPへ戻る
仕様を見る