トップページ > 製品情報 > デスク・ラック > 家具選びのポイント



■家具の材料      ■表面処理      ■構造

■家具の材料

【天然木】《表面材、芯材》
「ムク材」とも言われ、一枚板の他に細長い棒状の木材を貼り合わせて板状にした「集成材」も含まれます。いずれも天然の木材なので木目や色等が同一商品でもそれぞれ微妙に違います。一般的に表面を研磨したあと、塗装仕上げかオイルを塗り込めて仕上げます。

【天然木化粧合板】《表面材》
一枚板や集成材の天然木を薄くスライスし、合板に貼付けたもので「突板」ともいわれ、天然木同様表面を研磨したあと塗装等で仕上げますと、天然木と同様の風合いを味わうことができます。
【メラミン化粧板】《表面材》
メラミン樹脂の表面に木目や単色の柄をつけたもので、一般的には合板に貼付けて使用します。かたくて耐摩耗性と耐熱性にも優れているのでテーブルの表面材として多く使用されます。
【ポリエステル化粧合板】《表面材》
合板に木目等を印刷した紙を貼り、その上からポリエステルをコーティングしたもの。表面がプラスチックで覆われているので、ある程度の強度があり、ぞうきんがけなどにも耐えられますが衝撃には強くありません。
【PVCシート貼り】《表面材》
木目等の柄を印刷した塩化ビニールのシートに熱をかけて柔らかくし、形状を作ったMDFに空気圧で圧着したもの。端面にまで廻し込んで接着できますが、強度に若干弱い面があります。通称「PVCの真空成型」とも言われます。
【繊維板】《芯材、構造材》
一般的にはMDFともいわれ、木材や植物の繊維を高温高圧で板状に成形したもの。素材が緻密できめ細かいため、端面も機械加工で成型することができ、そのまま塗装して使用することもできます。
【パーチクルボード】《芯材、構造材》
木材の小片(ウッドチップ)を熱と圧力で板状に成型したもの。方向性がなく品質は安定していますが、端面は荒いため塗装できず、エッジを貼付ける等の別処理が必要です。また、端面にはネジが効きません。表面にメラミン樹脂を塗布したものもあります。
【プリント合板】《表面材》
合板に木目や単色の柄を印刷した紙を貼付けたもの。安価ですが表面が柔らかく、頻繁なぞうきんがけや粘着力の強いテープ等で表面の印刷面がはがれます。家具の側面等余りメンテナンスの必要がない所に使用されます。
 
▲ページTOPへ

■表面処理

【ポリウレタン (PU) 塗装、ウレタン塗装】
薄くて硬いウレタン樹脂の膜を木の表面に作る塗装で、傷や汚れが着きにくく、熱や水にも強い高級仕上げです。
【ポリエステル樹脂塗装】
厚塗ができて光沢がよく、耐光性や対薬品性に優れているが衝撃には弱い.ピアノ等の塗装に使われている。
【ラッカー塗装】
木質感がだせ、日常で着く傷や汚れは防ぐことができる。熱いものや水滴のついたビンなどで白い跡が残る。
【UV塗装】
塗膜が硬く、対摩耗性、対薬品性、耐熱性に優れており,臭いもなく、使う人にも環境にも優しい塗装。
 
▲ページTOPへ

■構造

【フラッシュ構造】《構造》
木わくをパーチクルボード等で作り、両面に化粧合板やメラミン板を貼ったもので、中空になっているため軽く、扉等のパネルに使われる。
【ハ二カム構造】《構造》
木わくの中に、クラフト紙のハ二カム状のものをいれ両面を化粧板やメラミン板で仕上げたもので、強度があるのでテーブルトップにも使われる。
 
▲ページTOPへ