トップページ > ピックアップコンテンツ(特集) > LANプロ:LANケーブル自作方法・最新情報 > 単線ケーブルのススメ

LANプロ(単線ケーブルのススメ)

1000BASEではどんなに短い距離でも、「単線ケーブル」を使う必要があります。 1000BASE単線ケーブルをおすすめする理由は表皮効果によっておこる障害により、より線ではスムーズなデータ送信ができないためです。

表皮効果とは?

電線に流れる信号は、周波数が高い(10BASEより、100BASE、さらに1000BASE)と、電線の表面しか流れなくなります。それもごく薄い表面です。(1000BASEで7/1000mm)、このため表面のデコボコが問題になります。これを表皮効果といいます。
電線に流れる信号は、周波数が高い(10BASEより、100BASE、さらに1000BASE)と、電線の表面しか流れなくなります。それもごく薄い表面です。(1000BASEで7/1000mm)、このため表面のデコボコが問題になります。これを表皮効果といいます。
電線に流れる信号は、周波数が高い(10BASEより、100BASE、さらに1000BASE)と、電線の表面しか流れなくなります。それもごく薄い表面です。(1000BASEで7/1000mm)、このため表面のデコボコが問題になります。これを表皮効果といいます。
TOPへ戻る
仕様を見る