トップページ > すべての特集コンテンツ > CAT6Aケーブルとは

CAT6Aケーブルとは

CAT6Aケーブルとは

CAT6Aケーブルとは CAT6Aケーブルとは、通信速度10Gbps、伝送帯域500MHzのLANケーブルです。
全国の学校ICT環境を一律整備する「GIGAスクール構想」の「校内LAN配線」では「10Gbpsで接続可能なCat6A以上のLANケーブルの利用を指定する」と、Cat6A以上を使った配線が義務付けられています。
また、データセンターなどの基幹ネットワークで10Gbpsネットワークを構築する場合などにも使用されます。

LANケーブルの通信速度と伝送帯域

LANケーブルは、「カテゴリ」と呼ばれる規格に分かれており、それぞれ通信速度・伝送帯域が異なります。 通信速度とはデータを1秒間に送信できるスピードのこと、伝送帯域とは1秒間に送信できるデータの量のことです。 通信速度を車のスピード、伝送帯域を車線に例えて見てみましょう。

  • 通信速度 通信速度は車のスピード性能です。数値が高ければ高いほど速いスピードが出る=送信するスピードが速くなります。
  • 伝送帯域 伝送帯域とは「データを送る時の周波数の幅」のことで、道路に例えると車線の数にあたります。
    車線が増えるほど多くの車が走行できる=データを短時間で多く送ることができます。

CAT6とCAT6Aを比べてみると CAT6とCAT6Aを比べてみると、
CAT6の通信通信速度は1Gbps、CAT6Aの通信速度は10Gbpsで約10倍
CAT6の伝送帯域は250MHz、CAT6Aの伝送帯域は500MHzで約2倍の性能となります。

通信速度 伝送帯域
CAT6 1Gbps 250MHz
CAT6A 10倍10Gbps 2倍500MHz

これからやってくる10ギガネットワークの時代

2020年3月より開始された第5世代移動通信システム「5G」の通信速度は、4Gの100倍である10Gbps。
新たに規格化される高速無線LAN「Wi-Fi 6」の通信速度も、およそ10Gbps。
これらに対応するサービスが次々と開始され、10ギガネットワークの時代が到来します。

LANケーブルも10G対応のものを使いましょう。

LANケーブルも10G対応のものを使いましょう 近い将来に標準となる10ギガネットワークで安定した高速通信を行うためには、アクセスポイントやハブなどの機器をWi-Fi6対応のものに切り替えるだけでなく、LANケーブルも10G対応にする必要があります。
CAT6以下のLANケーブルだと、せっかくの10Gネットワークの恩恵を受けられないことになるのです。

GIGAスクール構想ではCAT6A以上のケーブルがオススメ

10ギガネットワークの流れは学校のICT環境にも影響します。
全国の学校ICT環境を一律整備する「GIGAスクール構想」の「校内LAN配線」では「10Gbpsで接続可能なCat6A以上のLANケーブルの利用を指定」されています。

関連ページ

GIGAスクール構想 対応製品のご提案 学校教育のICT環境整備特集
CAT6Aケーブルはこちら

CAT6eとは?

CAT6、CAT6Aに加え、「CAT6e」という規格も存在します。
CAT6eはCAT6Aとほぼ同じ性能の規格ですが、CAT6eはLANケーブルのメーカー独自の規格、CAT6Aは承認された規格です。

CAT6e登場後に、LANケーブルのカテゴリーを規格承認する「ANSI(米国国家規格協会)」でCAT6Aが承認されました。こうして正式な規格「CAT6A」が登場したため、CAT6eのLANケーブルは市場ではCAT6Aケーブルにほぼ切り替わっております。

こちらもおすすめ

TOPへ戻る
ご意見・ご要望
仕様を見る
メルマガ登録

メールアドレス