トップ > 製品情報 >

SKB-BS1BK、SKB-BS2BKの製品比較

品番 SKB-BS1BK  SKB-BS2BK 
キャプション IPX5を取得した、水洗いできる防水キーボード。 IP68を取得した防水防塵キーボード
画像 SKB-BS1BKの製品画像 SKB-BS2BKの製品画像
価格 ¥9,680 (税込) ¥10,230 (税込)
特長アイコン
仕様

【カラー】

ブラック

【キー数】

109キー

【キーピッチ】

19mm

【インターフェース】

USB(Aタイプコネクタ)・PS/2(ミニDIN6pinオス)

【キーストローク】

4.0±0.5mm

【動作力】

50±10g

【キースイッチ】

メンブレン

【消費電流】

100mA以下

【防水規格】

IPX5

【サイズ】

W446×D151.5×H34mm

【重量】

約1000g

【ケーブル長】

1.5m

【カラー】

ブラック

【キー数】

87キー

【キーピッチ】

17mm

【キー表示】

109A日本語配列準拠

【インターフェース】

USB(Aタイプコネクタ)

【キーストローク】

2.0mm

【動作力】

90±10g

【キースイッチ】

導電性ラバースイッチ

【消費電流】

最大100mA

【防水防塵規格】

IP68

【サイズ】

W272×D135×H12mm

【重量】

約400g

【ケーブル長】

約1.8m

【付属品】

取扱説明書

特長

●IEC60529規格 IPX5等級を取得した安心の防水設計です。 底面に5つの穴が開いていて、そこからこぼした液体を排出できる仕組みになっています。 ※IPX5とは、「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)」という防水クラスです。 ||

●キーボード底面に剛性を高める鉄板シャーシを内蔵しています。キー入力時の不快な沈み込みを防ぎ、上質なキータッチを実現しました。 ||

●しっかりした深めのキータッチ、メンブレンを採用しています。ラバードームでキートップを支える構造です。ストロークが長いので、深く確実な入力感が得られます。キーピッチはスタンダードキーと同じ19mmです。 ||

●USB-PS/2両対応のコンボモデルです。 ||

●背面のスタンドで角度調節が可能です。

●ドライバ不要、接続するだけで使用できます。 ||<使用上の注意> ※本体に水滴が付着したまま放置しないでください。水で濡れた場合は、本体を振るなどして水を取り除き、本体から出た水分を乾いた清潔な布で速やかに拭き取ってください。 ※本体の防水性能は真水・水道水にのみ対応しており、温水や塩水、洗剤、薬品、汗、コーヒーやジュースなどには対応しておりません。真水・水道水以外の水分(コーヒー・ジュースなど)が付着した場合は、速やかに常温の水道水(やや弱めの流水(6リットル/分以下))で洗い流してください。洗う際にブラシなどは使用せず、手で洗ってください。 ※耐水圧設計ではありませんので、規定(IPX5)を超える強い水流(例えば、蛇口やシャワーから肌に当てて痛みを感じるほどの強さの水流)を当てたり、水中に沈めないでください。 ※洗濯機や超音波洗浄機などで洗わないでください。 ※本体が濡れている状態では、絶対に使用しないでください。水が付着したままで使用した場合、故障・発熱などの恐れがあります。 ※ケーブルのコネクタ部分は防水ではありません。ケーブルのコネクタ部分に水がかからないようにしてください。 ※本製品に防塵機能はありません。

●防塵防水設計が施されたIEC60529規格、IP68等級取得キーボードです。 ※IP68とは「粉塵が中に入らない」「継続的に水没しても内部に浸水することがない」を満たした基準です。

●水に強いシリコン素材を採用しており、キーと本体が一体化しているためすき間がなく、キーボード内部へ水やホコリが入ることがありません。

●従来のシリコンキーボードに比べ剛性が高くキーの沈み込みを軽減しています。

●汚れをウェットティッシュで拭き取ることができ、アルコールの拭き消毒にも対応しています。

●ドライバ不要、接続するだけで使用できます。 <使用上の注意> ※本体の防水性能は真水、水道水にのみ対応しており、温水や塩水、洗剤、薬品、汗、コーヒーやジュースなどには対応しておりません。真水、水道水以外の水分(コーヒー、ジュースなど)が付着した場合は、速やかに常温の水道水(やや弱めの流水(6リットル/分以下))で洗い流してください。洗う際にブラシなどは使用せず、手で洗ってください。 ※洗濯機や超音波洗浄機などで洗わないでください。 ※本体が濡れている状態では、絶対に使用しないでください。水が付着したままで使用した場合、故障、発熱などの恐れがあります。 ※ケーブルのコネクタ部分は防水ではありません。ケーブルのコネクタ部分に水がかからないようにしてください。 ||<ご注意> ※ノートパソコンや各メーカー純正キーボードのファンクションキーにあらかじめ割り付けられている特殊機能(画面の明度調整やボリュームのアップダウンなど)は、このキーボードからは操作できません。 ※Windowsが起動する前のコマンド(BIOSの設定、SCSIボードの設定など)は動作しない場合があります。 ※パソコンの機種・BIOSによっては、サスペンドモード(スリープモード、スタンバイモード)後にUSBキーボードを認識しない場合があります。この時は接続しているUSBコネクタをいったん引き抜いてからもう一度接続し直してください。

TOPへ戻る
ご意見・ご要望
仕様を見る
メルマガ登録

メールアドレス