トップ > 製品情報 >

ACPIキー付日本語112キーボード。

SKB-112USB / 日本語USBキーボード

画像を拡大

SKB-112USBの画像を表示しています。

日本語USBキーボード

製品品番

SKB-112USB 廃止

JANコード 4969887543672
標準価格 (税抜き \4,900)
  • お問い合わせ
  • 取扱・組立説明書
  • Q&A
メイン
特長
パッケージ

製品詳細

特長特長

  • Windows98のACPIに対応した日本語112キーボード。
    日本語106キー+左右Windowsキー+アプリケーションキー+ACPI(スリープ・ウェイクアップ・パワーオフ)
    ※スリープ:スリープモードに入ります。
    ※ウェイクアップ:スリープモードから復帰します。
    ※パワーオフ:Windowsを終了してパソコンの電源を切ります。
  • PS/2マウスインターフェースを1個装備していますのでマウスを接続することができます。

仕様仕様

キー数 112キー
キーピッチ 19mm
インターフェース USB HID仕様バージョン1.1準拠
コネクタ形状 USBコネクタ(Aタイプ)
キーストローク 3.5±0.2mm
動作力 55±10g
消費電流 100mA以下
サイズ 約W452×D172×H32mm
重量 約1000g
ケーブル長 約1.5m
備考 PS/2マウスインターフェース(ミニDIN6Pin )内蔵

対応機種対応機種

対応機種 DOS/V(Windows搭載)パソコン
対応OS Windows XP・2000・Me・98SE・98
<注意事項>
※パソコンの機種・BIOSによっては、ACPIキー(スリープ・パワーOFF)が機能しない場合があります。
※Windows 98(98SEを除く)・95・NT4.0ではACPIキーをサポートしていません。
※ノートパソコンや各メーカー純正キーボードのファンクションキーにあらかじめ割付けられている特殊機能(画面の明度調整やボリュームのアップダウンなど)はこのキーボードからは操作できません。
※Windowsが起動する前のコマンド(BIOSの設定、SCSIボードなど)の設定はできません。
※このキーボードを初めて使用する時に、パソコンの機種・BIOSによっては、起動前にPS/2マウスかPS/2キーボードを本体に直接接続しておく必要があります。
※パソコンの機種・BIOSによっては、サスペンドモード(スリープモード、スタンバイモード)後にUSBキーボードを認識しない場合があります。この時は接続しているUSBコネクタを一度引き抜いてからもう一度接続し直してください。
※マイクロソフト製インテリマウスには対応していますが、それ以外の3Dマウスなどの専用ドライバで特別の機能を持たせることはできません。
この製品の画像をダウンロード

よくある質問よくある質問(Q&A)

6点入力に対応しているUSBキーボードはありますか?

2019/06/14

現在対応確認が取れている型番は以下になります。 SKB-SL29W、SKB-SL29BK、SKB-SL26W、SKB-SL26BK、SKB-SL17WN、SKB-SL17BKN、SKB-KG2W
続きを読む

「〜」「々」「『」などの出し方を教えてほしい。

2018/08/29

〓<109KEY_1.GIF>〓 図の赤字部分の文字はOADG109規格で採用されている文字です。弊社キーボードはこの規格に準拠しているためキートップ部分にこの印字がなされています。 ところが
続きを読む

キーボードのスリープキーを押してスリープモードになったが、どうしたら復帰できるか?

2009/07/28

スリープモードからの復帰方法はパソコン側の設定によります。 初期の設定はパソコンの電源ボタンを押すことで復帰するようになっている場合が多いです。 *電源ボタンは長押(強制終了)しないでください。
続きを読む

接続すると「関数ドライバが・・・・」と表示され、使用できない。

2001/08/27

Windows2000に初めて接続したときに以下のようなメッセージが表示される場合があります。 〓<KANSU_ERR_W2K.GIF>〓 このエラーメッセージが表示された場合、考えられる原因
続きを読む

Windows2000マシンに接続するとキーボード配列が変わってしまう。

2001/08/20

Windows2000特有の問題によりUSBキーボード、テンキーを接続するとキーボードの配列が「英語101キーボード配列」になってしまうことがあります。 <具体的な症状の一例> キーボード操作
続きを読む

よくある質問をもっと見るよくある質問をもっと見る



TOPへ戻る
仕様を見る