トップページ > 製品情報 > 電源タップ・電源コード > 電源タップの寿命と安全な使い方

電源タップの寿命と安全な使い方

電源タップは消耗品です

お使いの電源タップ(延長コード)を、定期的にチェックしていますか?
実は電源タップ(延長コード)にも寿命があり、交換の目安は3〜5年(※)と言われています。傷み・異常が生じて劣化した電源タップ(延長コード)を使い続けると、トラッキング火災の原因に繋がります
1年に1回は点検し、異常があれば新しいものに取り替えて安全に電源タップ(延長コード)を使用しましょう。 ※周囲環境や使い方によって生じる傷みに差があります。

こんな使い方をしていませんか?
電源タップの安全チェック

チェックコードを動かすと器具が点いたり消えたりしませんか?
→電源タップの内部が故障しています。
コードを動かすと器具が点いたり消えたりしませんか?
チェック電源プラグの抜き差しがゆるくなっていませんか?
→差込口が壊れたり、接続不良になります。
電源プラグの抜き差しがゆるくなっていませんか?
チェック電源プラグの栓刃の根元が焦げたり溶けたりしていませんか?
→トラッキング火災の原因になります。
電源プラグの栓刃の根元が焦げたり溶けたりしていませんか?
チェック本体やコードにひび割れ、キズがありませんか?
→すでに使用できる状態ではありません。
本体やコードにひび割れ、キズがありませんか?
チェック電源プラグの栓刃が曲がっていませんか?
→コンセントが壊れたり接続不良になります。
電源プラグの栓刃が曲がっていませんか?
チェック電気製品の消費電力の合計が、
電源タップの最大容量を超えていませんか?
→発熱して発火するおそれがあります。
電気製品の消費電力の合計が、電源タップの最大容量を超えていませんか?
チェックコードやプラグが熱くなっていませんか?
→接続機器の消費電力が大きすぎる可能性があります。
そのまま使うと発火するおそれがあります。
コードやプラグが熱くなっていませんか?
チェックコンセントプラグにホコリが溜まっていませんか?
→トラッキング火災の原因になります。
コンセントプラグにホコリが溜まっていませんか?
チェックコードを束ねて使用していませんか?
→コードが折れ曲がって中の電線が切れたり、
束ねた部分が発熱して発火するおそれがあります。
コードを束ねて使用していませんか?
チェックコードが家具などの下敷きになっていませんか?
→重みでコードが断線し、発火するおそれがあります。
コードが家具などの下敷きになっていませんか?
チェック同じタップを5年以上使っていませんか?
→傷んで劣化している可能性があります。
同じタップを5年以上使っていませんか?

1つでも当てはまる場合、そのまま使い続けると危険です! 接続不良や火災に繋がるおそれがあるため、そのまま使い続けると危険です。
今すぐ使い方を見直し、場合によってはタップの取り替えをオススメします。
サンワサプライでは、火災予防に最適な「火災予防安全タップ」や
様々な使用環境に対応する電源タップを取り扱っています。

TOPへ戻る
仕様を見る