トップページ > 製品情報 > LAN・ネットワーク > 光メディアコンバータ・SFP・XFP > SFP+

SFP+ 光メディアコンバータ

SFP+

SFPとは?

SFP+(Small Form-Factor Pluggable Plus)トランシーバは、データセンターや企業のワイヤリングクローゼット
およびサービスプロバイダーの伝送設備に適した幅広い10ギガビットイーサネット接続を提供します。

  • ■IEEE802.3ae 10Gigabit Ethernet規格に準拠。
  • ■2芯のLCコネクタ付き光ファイバーケーブルで長距離高速通信を可能に。
  • ■工場出荷時に全品動作チェックを行う万全の品質体制。
  • ■リンクダウンの原因となる光ファイバーケーブルの汚れを除去する専用クリーナー付き。
  • ■通電中のプラグイン/プラグアウトが可能なホットスワップ機能対応。

製品一覧

CFORTH-SFP+-10Gシリーズの製品画像

RoHS指令

SFP+トランシーバ

共通仕様

  • ●コネクタタイプ:LC(デュプレックス)
品番 波長
(nm)
距離 送信(dBm) 受信(dBm) リンクパジェット
(sB)
CISCO型番
最大 最小 最大 最小
CFORTH-SFP-34-10取扱製品 850 300m -1.2 -7.3 -1.0 -9.9 SFP-10G-SR
CFORTH-SFP+-10G-LR取扱製品 1310 10km 0.5 -8.2 0.5 -14.4 SFP-10G-LR
CFORTH-SFP+-10G-LR40取扱製品 1310 40km 5.0 -1.5 0.5 -16.0
CFORTH-SFP+-10G-ER取扱製品 1550 40km 3.0 -5.0 0.5 -16.0 SFP-10G-ER
ページの最初へ戻る
閲覧履歴を見る