トップページ > 製品情報 > アクセサリ > セキュリティ・セキュリティワイヤー > セキュリティスロットとは

セキュリティスロットとは

セキュリティスロットとは

セキュリティスロットとは

セキュリティスロットとは、ノートパソコンや液晶ディスプレイ、ハードディスクなど、小型機器の盗難対策用に、あらかじめ用意されている小さな穴のことを指します。この小さな穴に差し込み、固定する金具が付いたワイヤー・チェーンなどの盗難防止用具は、セキュリティワイヤー・ワイヤーロック・チェーンロック・ケンジントンロックなどと呼ばれています。

使い方は簡単で、机の脚や柱など簡単に動かせないものにワイヤーを巻きつけます。その後、セキュリティスロットに固定用の金具を差し込んだ後、シリアル錠などを使ってロックすると、ノートパソコンなどの機器が固定されます。
セキュリティワイヤーにより固定された機器は、自由に持ち出すことができなくなるので、展示会や店頭での販売のため、複数台のノートパソコンや液晶ディスプレイを陳列したい場合などに最適です。
また、オフィス内のノートパソコンやハードディスクなどに取り付けることで、盗難や無許可の持ち出しを防ぐことが可能で、情報漏えい対策としても優れています。

セキュリティスロットとは

セキュリティワイヤー・
セキュリティスロットの仕組み

セキュリティワイヤーの固定金具の先端は、T字型のバーや、開閉する羽のような構造をしています。セキュリティスロットに金具の先端を差し込んでカギを掛けると、先端がスロットの穴の中で90度回転する、羽が開くなどして、金具が機器に引っかかるようになります。
固定したあとは、ワイヤーを切断するなどの強硬手段以外では取り外すことができません。

セキュリティワイヤー・スロットの仕組み

セキュリティスロットのサイズについて

DELL・hpなどが発売するノートパソコンの中には、従来のものと比べて小さなサイズのセキュリティスロットを装備しているものがあります。従来のセキュリティスロットは約3×7mmですが、小型セキュリティスロットは約3.2×4.5mmまたは約3.2×5.4mmの大きさです。Noble Wedgeロックとも呼ばれるこの小型セキュリティスロットには、従来のセキュリティ製品とは異なる、専用設計されたセキュリティワイヤーが必要です。
セキュリティワイヤーをお買い求めの際には、セキュリティスロットのサイズもご確認ください。

セキュリティスロットのサイズについて

オススメのセキュリティスロット対応製品

SLE-34S

超小型シリンダセキュリティ

SLE-34S 

(税抜き ¥9,800)

小型セキュリティスロットに簡単取り付け。機種に合わせて先端を取り替えることが可能です。
Noble Wedge ロック対応。

SL-71K

超小型シリンダセキュリティ

SL-71K 

(税抜き ¥9,800)

超小型シリンダ錠を使っているので、ノートパソコンが浮き上がらず、自然な角度で操作できます。

SLE-20S

超小型シリンダセキュリティ

SLE-20S 

(税抜き ¥9,800)

狭いところでも着脱できるL字型シリンダなので、取り付け機器の側面、裏面など狭い場所でも簡単に着脱可能です。

SL-52

超小型シリンダセキュリティ

SL-52 

(税抜き ¥9,800)

ワイヤーがカールコードになっているので、ノートパソコンを手に持って使用できます。


TOPへ戻る
仕様を見る