トップページ > ニュースリリース一覧 > 次世代40Gbpsネットワークに対応、業界最速クラスのカテゴリ8 LANケーブルを発売

ニュースリリース

ニュースリリース

【2019.03.07】

次世代40Gbpsネットワークに対応、
業界最速クラスのカテゴリ8 LANケーブルを発売

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、次世代超高速通信40Gbpsネットワークに対応する、業界最速クラスのカテゴリ8に対応したLANケーブル「KB-T8-○○BLシリーズ」を発売しました。

製品品番 標準価格 製品画像
KB-T8-005BL製品詳細へ (税抜き ¥2,600) 製品画像へ
KB-T8-01BL製品詳細へ (税抜き ¥3,200) 製品画像へ
KB-T8-02BL製品詳細へ (税抜き ¥4,400) 製品画像へ
KB-T8-03BL製品詳細へ (税抜き ¥5,500) 製品画像へ
KB-T8-05BL製品詳細へ (税抜き ¥7,900) 製品画像へ
KB-T8-10BL製品詳細へ (税抜き ¥13,800) 製品画像へ
品番 標準価格
KB-T8-005BL (税抜き ¥2,600)
KB-T8-01BL (税抜き ¥3,200)
KB-T8-02BL (税抜き ¥4,400)
KB-T8-03BL (税抜き ¥5,500)
KB-T8-05BL (税抜き ¥7,900)
KB-T8-10BL (税抜き ¥13,800)

「KB-T8-○○BLシリーズ」は、次世代規格のカテゴリ8に対応したLANケーブルです。
EIA認証ケーブル品質とプラグ内のより戻しを極限に抑えることにより、次世代イーサネット40GBASE-T(40Gbps)に完全対応します。ケーブルの伝送帯域は2000MHzで、主流として使われているカテゴリ5eの20倍、カテゴリ6の8倍の広い帯域を持ち、安定した通信と信頼性を確保します。

ギガビット以上の速度で通信する場合、LANケーブルを複数本束ねるとお互いに干渉し、著しく性能が低下して通信エラーが発生します。本製品は各4対のペアと外周をそれぞれシールドする「二重シールド」構造を採用し、電波・受信障害を引き起こすノイズへの対策を施しているので、複数本を束ねた状態でも使用できます。
極太のAWG22芯線を使用しているので、PoE af、PoE at、U PoEをはじめ、これから普及が始まる規格のPoE btにも対応しています。難燃性規格CMRに合格しており、火災の延焼原因になりにくい素材を使用しています。コネクタ部のツメが折れにくいよう、弾力性に優れたPVC(ポリ塩化ビニル)製ツメ折れ防止カバーを採用しています。

将来を見越して使い続けられるハイスペックな性能を持っているため、社内基幹システムなどの重要なネットワーク回線用LANケーブルとして最適です。
長さは0.5m・1m・2m・3m・5m・10mの6種類をご用意しています。




広報関係者様専用ページのご案内

製品画像データベースなど各種サービスのご案内や弊社への広報に関する
お問い合わせ専用窓口をご確認いただけます。
(広報担当:渡邉 / 那須 TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123)

広報関連のお問い合わせはこちら

メールマガジンの購読申し込みについて

新商品情報など最新の情報をメールにてお知らせします。
ご登録・解除は無料で受け付けております。お気軽にお申し込みください。

広報関連のお問い合わせはこちら
  •  このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 
     仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  •  記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースへ戻る