トップページ > ニュースリリース一覧 > 多機能で軽量なカメラ三脚2種類を発売

ニュースリリース

ニュースリリース

【2018.05.14】

多機能で軽量なカメラ三脚2種類を発売

サンワサプライ株式会社(本社:岡山市北区田町1-10-1、代表取締役社長 山田哲也)は、撮影方向を細かく設定できる3WAY雲台など様々な機能を搭載し、しかも軽量なカメラ三脚「DG-CAM21」「DG-CAM22」を発売しました。

製品品番 標準価格 製品画像
DG-CAM21製品詳細へ (税抜き ¥4,800) 製品画像へ
DG-CAM22製品詳細へ (税抜き ¥3,500) 製品画像へ
品番 標準価格
DG-CAM21 (税抜き ¥4,800)
DG-CAM22 (税抜き ¥3,500)

「DG-CAM21」「DG-CAM22」は、充実した機能を持つカメラ三脚です。
上下左右方向にカメラを動かせ、更にカメラを水平から縦位置まで角度調整できる、3WAYタイプの雲台が付いています。縦・横の構図の切り替えや微妙なカメラ角度の調整を行えるため、写真の構図にこだわって撮影したい場合に最適です。
雲台には素早くカメラを取り付け、取り外すことができるクイックシューが付いており、三脚を使用した撮影と、手持ちでの撮影とを素早く切り替えることができます。
脚部は軽量なアルミ材を採用しています。脚のロックにはレバー式を採用しており、素早く固定・解除できるため、快適な伸縮操作が可能です。収納や持ち運びに便利なキャリングケース付きです。
コンパクトで軽量な三脚でありながら、充実した機能を搭載しており、初心者から経験者まで幅広い方にお使いいただけます。

「DG-CAM21」は、安定感が高く設置も素早く行える3段伸長式のカメラ三脚です。
雲台と脚部それぞれに水準器を搭載しており、カメラの傾き確認を正確に行えます。エレベーター付きのセンターポールなので、カメラの高さを微調整できます。また、センターポールには三脚の安定性を高めるストーンバッグ用のフックが付いています。
石突は接地面に対して角度を変更でき、足場の悪い不安定な場所でもしっかり設置することができます。脚部には持ち運びに便利な、キャリングハンドル付きです。
サイズは畳んだ状態で幅105×奥行き100×高さ610mm、重量は1190gです。
最高地上高は1530mm(エレベーター伸長時)、耐荷重は2.5kgです。

「DG-CAM22」は、コンパクトに折りたため、携帯性が高い4段伸長式のカメラ三脚です。
雲台にはカメラの傾き確認が行える水準器を搭載しています。エレベーター付きのセンターポールなので、カメラの高さを微調整できます。
サイズは畳んだ状態で幅80×奥行き85×高さ420mm、重量は650gです。
最高地上高は1265mm(エレベーター伸長時)、耐荷重は2kgです。


DG-CAM21の製品画像DG-CAM21           DG-CAM22の製品画像DG-CAM22


広報関係者様専用ページのご案内

製品画像データベースなど各種サービスのご案内や弊社への広報に関する
お問い合わせ専用窓口をご確認いただけます。
(広報担当:渡邉 / 那須 TEL:086-223-3311 FAX:086-223-5123)

広報関連のお問い合わせはこちら

メールマガジンの購読申し込みについて

新商品情報など最新の情報をメールにてお知らせします。
ご登録・解除は無料で受け付けております。お気軽にお申し込みください。

広報関連のお問い合わせはこちら
  •  このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。 
     仕様・価格・外見など、予告なく変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。
  •  記載されている会社名および商品名は、各社の商標または登録商標です。

ニュースリリースへ戻る