トップページ > ピックアップコンテンツ(特集) > LANプロ:LANケーブル自作方法・最新情報 > 高性能な自作用コネクタ

LANプロ(高性能な自作用コネクタ)

サンワサプライの自作用単線コネクタがより高性能に生まれ変わりました。

変更点
その1 先端よりもどしを極限まで短くできます。
その2 加工作業が簡単になりました。
その結果
エンハンスドカテゴリ5の限界を超える
国内メーカー最高水準のケーブル自作できます

対象商品
ADT-RJ45-10S
ADT-RJ45-50S
ADT-RJ45-100S

写真で比較すると

新型旧型

加工方法

皮むき工具を使い、被履を取り除きます
各芯線のよりをほどきます
芯線を使用するケーブルの規格通りに並べます(写真は568A仕様)
芯線をしごいてまっすぐに揃え、余分を切って先端を揃えます
ロードバーに芯線を根元まできっちり差し込みます
先端を切り揃えます。芯線の先端をロードバーから1mmも残さないようまっすぐ切り揃えます
プラグを奥までしっかり差し込みます
芯線の断面が揃っているのを確認してください
かしめ工具で確実にかしめます
TOPへ戻る
仕様を見る