トップページ > ピックアップコンテンツ(特集) > LANプロ > LA-FP-MJ3K簡易加工マニュアル

[LA-FP-MJ3K簡易加工マニュアル]

[用意するもの] LA-FP-MJ3K  LAN-TL1K or LAN-TL2K  LANケーブル(CAT5e単線ケーブル)  ニッパー

[LA-FP-MJ3モジュール、加工方法]        
     
最初に、ジャックの上カバーを外します。外し方は、上カバーの側にある凹みを掴み、力を入れて上に引っ張るとツメが外れて簡単に取れます。   LAN-TL2を使用する場合は、台座カバーも外します。外し方は、図3の白丸部分にあるツメを指で掴み、図4のように力を入れれば、
     
外れます。外さない場合は手順7まで飛ばします。
※本マニュアルではLAN-TL2を使用します。
  外した台座カバーにLANケーブルを通しておきます。   先端から親指の長さぐらいの部分でケーブルの外皮の切除を行います。   目安としては5〜6cm程度です。この際、内部の芯線にまで切れ目が入っていないかを確認します。
   
T568A配線 T568B配線
 
芯線に切れ目が入っていた場合はその部分から切断し、最初からやり直して下さい。
  MJ3Kに貼ってある結線のシールを確認し、加工する配線の色を確認します。   加工する配線に合わせて、ケーブルを扇状に広げます。
※図はT568A配線の場合
     
加工する線のペアの撚りを少しだけ戻し、ペアのそれぞれを谷になっている部分に当ててペアの隙間を広げ、加工する際に外れないように指で強く押し込んでおきます。   パンチダウン工具を使い、ケーブルを最後まで押し込みます。   他のケーブルも同じ要領で押し込んでいきます。
     
押し込んだ後、ケーブルのはみ出している部分をニッパーなどで切り落とします。   手順1〜5で外した台座カバーと上カバーを元に戻して完成です。

[LA-FP-MJ3をフェイスプレートに取り付ける方法]    
         
     
まずLA-FP-MJ3K(以降MJ3K)をフェイスプレートの化粧板の穴の位置に合わせ、裏面に向かって右にある上下二つの穴にMJ3Kの本体両端にあるツメの片方を差し込みます
※図はLA-FL-J1の場合
  そのまま左側をカチッという音がするまでぐっと押し込めばMJ3Kが固定されます。   後はプレートをコンセントボックスなどに固定し、化粧板をはめて完成です。   MJ3Kをフェイスプレートから外したい時は、プレート左側にあるMJ3Kとプレートの間の隙間にマイナスドライバーを差し込んでひねれば外すことができます。