トップ >

LANプロ(モジュラープラグ加工方法、LA-FP-MJ15)

LA-FP-MJ15モジュール、加工方法

ケーブルを用意

皮を剥く

まず最初にケーブルを用意し、皮を剥きます。(図1・図2)
この時の注意点として、モジュラープラグの結線用に若干普段よりも長めに剥きます(大体6センチ位)

モジュラープラグを用意

モジュラープラグを用意します。

蓋に指を掛けて上に引っ張る

まず上についている蓋に指を掛けて上に引っ張ります。

蓋が外れる

そうすると蓋が外れます。

中の結線の配色を確認

そうするとプラグの中身が見えるようになりますので、中の結線の配色を確認します。この時もう一方の先端の配線を確認しておきましょう。
※色の右側に書いてあるA・BというのはA配線・B配線を指します。この時もう一方の先端の配線を確認しておきましょう。

ケーブルの長さと刺す位置を確認

次にケーブルの長さと刺す位置を確認します。

撚りを緩める

刺す位置が決まったら、その部分の撚りを緩めます。
※この時撚りが出来る限り戻らないようにしましょう。
※写真では青からとなっておりますが、順番が決まっている訳ではありません。

プラグの色に合わせて押し込む

先ほど撚りを緩めた所をプラグの色に合わせて押し込みます。

左の写真のようになるまで押し込む

大体左の写真のようになるまで押し込みます。

ケーブルをぐっと押し込む

押し込みを確認したら、簡易圧着工具を使いケーブルをぐっと押し込みます。

押し込み例1

※押し込み例1(図12)

押し込み例2

※押し込み例2(図13)

押し込み例3

※押し込み例3(図14)

他の色も同じ手順で押し込む

他の色も同じ手順で押し込む

他の色も同じ手順で押し込みます。(図15・図16)

上図のようになるまで押し込む

上図のようになるまで押し込む

大体、上図のようになるまで押し込みます。
(図17は緑(左)青(右))
(図18は橙(左)茶(右))

はみ出している部分をニッパーなどで切り落とす

はみ出している部分をニッパーなどで切り落とす

押し込んだ後、ケーブルのはみ出している部分をニッパーなどで切り落とします(図19・図20)

全て切り落とす

蓋を取り付けて完成

全て切り落として蓋を取り付けて完成です。

TOPへ戻る
仕様を見る